2020年4月スタート(77週目)
ルール
・VIXショートで長期投資
・VIXが25を超えたら決済or両建て、スイングトレード
・新規建、決済は柔軟に対応


今週も一部ロングのショートポジションで相場が始まる。

FullSizeRender


今週のVIXは中国恒大デフォルト懸念やFOMCを警戒する動きで大きく変動した。
月曜日は中国恒大のデフォルト懸念により、アメリカ株3指数は3%を超える下落となり、VIXは一時28半ばまで上昇した。
水曜日に利払いが行われるとの観測が出るまで、指数は25前後で高止まりした。
その日の夜間に発表されたFOMC声明は大方の予想通りとなり無難に通過、ショートカバーの買いを巻き込んだ断続的な買いが入り、VIXは先週末を大きく下回る水準まで低下した。

FullSizeRender

今週は月曜日にVIXが25を超えたため、ショートカバーの買いを入れポジションをヘッジした。
しかし、その後は月曜日以上に上昇せず、中国恒大のデフォルト懸念が後退したため、両建てを解消した。

FullSizeRender

週間の損益はVIXが先週より大幅に低下したが、ショートカバーの買いを行ったため、下落幅に比べほとんど利益を出すことが出来なかった。
ただ、VIXショートはハイリスク取引のため、ある程度のヘッジ取引は必要経費とも言える。

FullSizeRender
FullSizeRender

週間利益 +40,972円 (+1.08%)
月間利益 -69,273円 (-2.22%)
年間利益 +1,081,240円(+55.0%)
運用利益 +2,048,851円(+204.9%)