1f9b8fc6-b797-4847-935a-42987c66e4d9-e1591925712217


投資のキホンは安く買って、高く売ることです。

ほぼ全ての人々は自分の構築したポートフォリオが毎日最高値を更新してくれることを常に願っています。

しかし、そのようなことは現実にはなかなか起こりません。

自分のポートフォリオが完璧だと思っていても「株価指数に負けてしまう」「こっちは良いがそっちはダメだ」などのように自分の思惑通りにはいきません。

 

なぜ下がるのかわからない、相場観がわからない、相場を見ても理解できない、決断できない人が多くいると思います。

そのような方々に最も好まれる投資戦略は長期積立投資です。

少ない給料から細々と積立資金を捻出し、知らない間に大きく実ってくれることを願っている。

簡単にいえば、相場から逃げる投資戦略です。

その他にも、株式相場が下がった時だけ買い増すなど、株価を見て取引する手法もあります。

どちらも相場感を全く無視した手法です。

 

相場感というものは株価で判断するものではありません。

価格が低くなればリスクが減るのか?反対に高ければリスクは高いのか?

価格が下がればこれ以上は下げにくいだろう、価格が高いから上値は追わないだろうと考えると思います。

一見正しいように思えるが、それはレンジ相場にだけ適用される考え方です。

過去がそのまま未来にも適用されるのであれば、そうなるでしょう。

しかし、それは過去のことであり、未来の適正価格を示してくれているわけではありません

いくら最高値で買ってもその後も上がり続ければ儲かるし、最安値で買ってもジリ貧となることも多々あります。

基本的には現在の値段だけが適正価格であって、未来の適正価格は現在の価格も過去の価格変動もほとんど参考になりません。

長期投資であっても長期に渡って成績が良かっただけで、未来も同様に運用成績が良い状態が続くとは限りません。

 

値上りした要因はなんであったかを詳しく調べることは必要です。

これがただのインフレや経済成長要因だけであれば、お金の価値が下がりモノの価値が上がっただけで、実質的な価値は増えなかったことになります。

ただ、資産価値を守っただけで上手く運用できたことにはなりません。

 

そのため、アセットの価格に影響を与える情報や指標を分析し、適切な道筋を立て、より早くポートフォリオに組み込むことが最善の方法です。

見通しに陰りがあるなら機動的にポートフォリオを変更することも必要です。