2020年4月スタート(100週目)
ルール
・VIXショートで長期投資
・VIXが25を超えたら決済orショートカバー、スイングトレード
・新規建、決済は柔軟に対応


今週はブル型ETFのショートのみのポジションで相場が始まる。

FullSizeRender


今週のVIXは先週に引き続き、ロシアのウクライナへの侵略行動によって値動きの荒い展開となった。
月曜日は休日中に発表されたロシア金融機関をSWIFTから除外する制裁行動によって、VIXは上昇して始まった。
また、停戦協議も大方の予想通り不調で終わったことや金利低下で金融株が大幅下落したため、VIXは30中盤と高値を維持した。
水曜日に行われたパウエル議長の議会証言では3月の利上げが0.25%を予定しているとのことから、予想より緩やかな利上げと好感されVIXは低下した。
しかし、市場はウクライナの紛争を注視しており、金曜日に起こったロシアによる原子力発電所への攻撃によって、再び株式市場は冷え込んでいった。

FullSizeRender

今週は紛争の混迷から偏ったポジションを是正するため、半量ほどショートカバーを行いました。
また、GMOからVIX関連ETFの建玉制限が発表され、今後の投資期間を確保のためクロスポジションを増やしました。

FullSizeRender

今週はショートポジションに偏ったタイミングでVIXが上昇したため、大幅に損失を出す結果となった。
また、クロスポジションが膨らんでいるため、金利払いやスプレッド差も増大し、損失を拡大させてしまっている。

FullSizeRender
FullSizeRender

週間利益 -419,067円 (-14.21%)
月間利益 -574,505円 (-18.50%)
年間利益 -641,586円 (-20.23%)
運用利益 +1,530,419円(+153.0%)


ポッツはGMOクリック証券のCFDを利用してVIX関連ETFを取引しています。
国内の証券会社で取り扱いをおこなっているのは「GMOクリック証券だけ」です。
VIXショートに興味がある方はGMOクリック証券のCFD口座を開設してみてはいかがでしょうか?
GMOクリック証券CFD