e0076461_023064


 

FIREを考える場合、家計をスリム化し資産を投資に振り向けることのが、庶民が確実かつ最短な方法です。

家計のスリム化は高い能力を要しませんが、投資に関しては少々厄介です。

多くの人は家計の節約情報と同じように、運用方法も簡単に手に入れられるものと考えがちです。

インターネットなどで推奨されている方法を鵜呑みにし、金融知識を理解せずに投資の世界へ漕ぎ出します。


特に現在の投資のトレンドは、米国インデックスETFです。

・10年負けなし、馬鹿でもアホでも買えば儲かる。

・コロナショックがなかったような、圧倒的な資産の保証

・分散投資であり、毎月積み立てれば期間分散もされ、より安全。

 

しかし、投資の世界には確実なものは、現在も過去も未来も存在しません。

パフォーマンスが良い投資はいつの時代も移り変わり、現れては消えます。

今は良くても、未来については保証されていません。

 

そして、特に気にしなければならないのは、分散投資は儲けが少ないということです。

分散投資は金持ちの投資法であって、庶民が資産形成を行うのであれば効率が悪い方法です。

景気が良い状態でも、インフレ率を除けば利回りは数%程度です。

計算上、資産を2倍に増やすには20年以上の期間が必要になります。

生まれてから成人するまでの期間と同じです。


米国インデックスETFを購入する際、その購入代金が20年経っても2倍にしかならないと聞くと躊躇すると思います。

資産が多ければ問題ないでしょうが、少なければ少ないほど資産形成の意味はありません。

20年間、投資について学んだり、試行錯誤を繰り返せば2倍にする方法はいくらでも見つけられると思います。

つまり、資産がないのにインデックス投資をする人は、凡人以下ということです。

資産がない人はまず、他の投資法で資産を増やして凡人にならなければなりません。